Q10『西暦はイエス・キリスト生誕が紀元です』

<質問> 主婦68才、平塚在住
 西暦はイエス・キリストの誕生と共にスタートした事は事実ですか? 詳しく教えて下さい。

<回答> 岩井 清牧師
 欧米では西暦のことをキリスト紀元と呼んでいます。ですから「西暦2000年」とは、「イエス・キリスト生誕2000年」を意味します。紀元前のことを 「B.C.」と言っていますが、これは「Before Christ(キリスト以前)」の略号です。同様に、紀元後は「A.D.」と言われていますが、これは、ラテン語で「Anno Domini(私たちの主の年)」の略号なのです。
 キリスト紀元と言うことを避けて、西暦とぼかして訳したのは、キリシタン禁制の高札が立てられていた国柄としては、むしろ当然であったと言うことができるでしょう。
 暦(こよみ)のこの数え方は、最初6世紀の人、ローマの修道士ディオニシウス・エクシグウスによって始められ、8、9世紀までに全世界に拡がりました。ただ、彼は多少、計算違いをしたらしく、キリストは実際には、紀元元年より数年早くお生れになったのではないかと考えられています。
 いずれにせよ、今、仏教圏、回教(イスラム教)圏をも含め、全世界にこの暦が行き渡り、2000年が祝われている現実があるのです。
 このように、イエス・キリストは歴史の分水嶺のような方です。この方の誕生によって暗やみに光が輝きました。「すべての人を照らすそのまことの光」が世に現われたのです。2000年も終わろうとしています。この年も、キリストなしには、暗く、傷つき、病んでいる年であるとしか言えません。
 歴史の主であるこの方を心にお迎えし、いやしと光をいただきましょう。
 「わたしは世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」(キリスト)

inserted by FC2 system